よく考えて決断する

握手する男女

実は離婚というのはいろんな人に相談してみたところでいっこうに進みません。なぜなら相手がいて、どうするかは自分の判断の実が頼りだからです。相手との合意さえあればいつでも届出によって離婚はできます。離婚する、しないはまったくの自由なのです。けれども一方がいやだという場合には、難しくなります。裁判で争っても勝てるような離婚原因があればともかく、そうでなければなかなかに難しくなるというだけのことです。したがって、相手方を説得する方便としては、家庭裁判所を利用して、離婚の話し合いの機会を持つということが第一歩だと思います。そこまで考えるならば、やむを得ないだろうと考える人もいるからです。逆に絶対に別れないという人もいます。これもその人の選択です。

弁護士に相談すれば、相談料や現実に依頼する場合には報酬が計上されてきます。司法書士に相談することもできるでしょう。また市民相談所でも話を聞いてもらえます。本格的な訴訟まで考えない限りにおいては、家庭裁判所での手続きはほんのわずかな経費で、手続きを利用することができます。あれこれと無駄足を踏むロスよりは、気軽に手続き利用する方が、簡単かもしれません。この男女平等の世の中ですからね夫婦で築いた財産は平等に分けるのが基本姿勢になります。どちらかに離婚の原因となるような理由があるならば慰謝料も計上する必要があります。これに伴って財産分与や子供の親権者の指定、子供への養育費の額なども決定するべき内容となります。