悩んでいるカップル

よく考えて決断する

握手する男女

夫婦関係の存続が難しい場合、離婚について考える事もあります。そうした離婚を行う場合には、弁護士に相談をすることが重要です。個人で問題を解決しようとしても、更に大きな問題に発展する可能性もあるのです。

» Read more

料金を把握して利用

カメラとサングラス

弁護士に離婚についての相談等を行う場合に、どの程度の費用が必要になるかを把握しておく事で、安心して相談を行うことが出来るようになります。料金がわからなければ相談も出来ないままになってしまうのです。

» Read more

スムーズに行う

電話で話す男性

離婚調停は人によって長期に渡ることがありますが、早めに解決するためにも弁護士を雇っておくことが大切といえます。また、弁護士に依頼する前に離婚の原因となる証拠を集めておくことでスムーズに進めることが出来るでしょう。

» Read more

頼れる弁護士

手帳と女性

相続は、民放によって規定された内容どおりに行うのが一般的です。 財産を持ったまま亡くなった人は、その財産を子供に継承させるために遺言書を残すことが出来ます。 この場合、法律で規定されている通りの割合で財産を分配させる必要が無くなるため一部の人に多くの財産を継承させることが可能です。 本来ならば、相続があったときには配偶者に半分、その子供にさらに半分の財産を相続させます。 しかし、遺言書があったときには亡くなった人の意見を第一に考えることになっているため遺言書の意思どおりに財産を分配できるのです。 遺言書は、客観的にそれが亡くなった人が書いたと証明できたときには効力を発揮できるため残された家族が勝手な判断で取り消すことは出来ません。

遺言書があった場合、本来財産を相続できる人が全くその財産を相続できなくなってしまったときにはどのような処置をとることが出来るのでしょうか。 実は、この場合家族同士で遺留分の取り決めを行うことができます。 遺留分の請求というのは、残された相続権を有する家族が遺産の最低限の取り分を請求することができる権利のことを言います。 遺留分に関しては、たとえ遺言書で一人の人間が全ての財産を相続する旨の文言があったとしても最低限の財産だけは残すことが出来ます。 相続では残された家族の権利に配慮して様々なケースが考えられているため、安心して大丈夫なのです。 自身の権利が侵害されそうになったときには、こうした権利を主張することが大事です。 主張に費用などは一切必要ありません。

オススメリンク

  • 税理士法人 海老原税理士事務所

    小岩で相続トラブルに巻き込まれているなら、サイトを見てみよう。すぐにプロが解決してくれますよ。詳しくはココ!